日野市まちと空き家の学校 > News > 日野市の空き家活用制度 > 日野市の空き家活用の制度・事業

日野市の空き家活用の制度・事業

日野市では、5つの空き家活用の制度・事業を整備し、空き家活用を推進しています。
*それぞれの制度の名称をクリックすると、日野市の制度紹介ページが開きます。

①  活用マッチング制度 ・所有者の相談に対し卒業生等を紹介し、空き家活用の事例づくりを促進
・活用希望者を登録し、地域活動に関心ある人材をストックし活用する。
②  住宅地活動支援制度 ・地域住民等の相談に対し日社協や卒業生を紹介し、地域活動の実現を促進
・日社協と協力し、地域課題から場づくりを創出していく機運を高める。
③  アドバイザー派遣制度 ・活動アイディアやイラスト表現、活動空間デザイン等の専門的問題に対し、市に登録したアドバイザーが助言、提案等をし、①②の制度を補完する。
④  改修費等補助金制度 ・活動の実現化を図るため必要となる空き家の改修等にかかる費用の一部を補助し、①②の制度を補完する。
⑤  まちと空き家の学校 ・空き家活用や地域活動の実現を適切に進める人材を育成しストックする。
・①②の制度や学校制度の定期的な情報発信を行い関係者の関心を高める。