あなたも空き家を、まちの資源として活用してみませんか?


まちの資源として空き家が活きる方法を学ぶ

まちと空き家の学校 2021

まちと空き家の良い関係を講義と実習を通して考える連続講座
全6回(4日間)

空き家の所有者・地域住民・使う人にとって、空き家がプラス(まちの資源)となる活かし方を講座と実践を通じて学ぶことができる学校です。
活動したい思いの実現に向けて、家主の事情を聴き入れ、協力や話し合いによる進め方を学びます。修了後には学校のネットワークや市のマッチング制度を基に日野市での活用の実践に取り組んでいくことができます。

空き家の活用や地域の場づくりに関心ある方、ぜひご参加ください

  • 地域の居場所や交流の場づくりをしている方、これから始めたい方
    (例えば、自治会、子ども会、防災会、地域の大学生など)
  • 空き家などを活用して、サロン、子ども食堂や絵画教室などの活動をしている方、これから始めたい方
  • 空き家の所有者の方、ご自宅の維持・活用を検討したい所有者の方

*受講対象者の詳細は参加申込ページに掲載します。

 プログラム&スケジュール

日時内容
11/20(土) 10:00~12:00講義1これからの地域に必要な”場”って、何だろう?
11/20(土) 13:30~16:00実習1空き家活用事例を見学し、活かし方を学ぼう
12/11(土) 10:00~12:00講義2空き家を使って、どのような交流ができるだろう?
22年1/22(土) 13:30~16:30実習2お試し利用で、交流の場づくりにトライ!
2/5(土) 10:00~12:00講座3まちの資源としての空き家の活用法を考えよう
2/5(土) 13:30~16:00実習3空き家の活用提案の発表会

 会場:市民の森ふれあいホール、市内の空き家の現場

まちと空き家の新しい関係を考えてみませんか?

私の空き家、どうしたらいいのだろう?
空き家も街に増えて、それも不安・・・

コロナで街のつながりが一層弱ったと思う。
近くに交流の場があれば・・・

日野市でも、まちの資源としての新しい活用が始まっています!

森の幼稚園、高齢者の体操の場、農作業、炊き出し、まちなかカフェ、演奏会、認知症カフェなど、まちの資源として空き家が活用されています。

katsuyojirei1
katsuyojirei2
katsuyojirei3
katsuyojirei4
katsuyojirei5
katsuyojirei6
previous arrow
next arrow


関連情報・レポート

日野市の空き家活用制度、学校のレポートなどの情報をお届けします。

公開シンポジウム開催レポート①

①基調講演・市の取組・制度説明 ”まちの資源である空き家について考えてみよう”をテーマに、2021年9月11日、「まちと空き家の学校」公開シンポジウムを開催しました。開催レポート①では、第1部、第2部…

続きを読む

公開シンポジウム開催レポート②

②日野市の事例紹介・参加者の声 ”まちの資源である空き家について考えてみよう”をテーマに、2021年9月11日、「まちと空き家の学校」公開シンポジウムを開催しました。開催レポート②では、第3部の様子と…

続きを読む

空き家まちづくりガイドブック

饗庭伸先生(東京都立大学)監修の「空き家まちづくりガイドブック」。 日野市の空き家活用事例や、お試し利用のステップなども紹介されています!こちらからダウンロードが可能です。空き家まちづくりガイドブック…

続きを読む